「タヒボNFD」の種類と作り方

「タヒボNFD」の美味しい飲み方

「タヒボNFD」は1500年前から伝わる天然樹木茶です。

  • 「タヒボNFD」はお茶代わりに飲むと宜しいです。
  • 濃度の調節はお好みですが、よくわからないときは販売店にご相談ください!
  • 耐熱ガラス製、陶器、またはホーロー製のポットをご使用になることをお勧めします。特に、鉄製のものはお避けください!1.2リットル位の容量のポットが、望ましいです。
  • 「タヒボNFD」は、熱いままでも、冷やしても美味しくお召し上がり頂けます。
  • お好みによりレモンスライス、蜂蜜などを入れても美味しく頂けます。
  • 「タヒボNFD」の茶かすをお客様は無駄なく利用しているようです。販売店にご相談下さい。

ご使用上の注意!

  1. 「タヒボNFD」を粉のまま飲まないでください!粉のままでは、成分を摂取することができません!(茶かすも同様)
  2. 「タヒボNFD」を飲用目的以外に使用しないでください!
  3. 長期間保存が可能な密封包装ですが、高温多湿のところはお避けください!
  4. 「タヒボNFD」の成分については成分表をお読みください。もし、体質に合わない時は、飲用を一旦中止して販売店にご相談ください!

※タヒボ類似品との差別化を図るために商品名が[TAHEEBO NFD]に変更となりました。
「タヒボNFD」はタヒボジャパン株式会社の登録商標です。
(商標登録番号 第4662900号)

ページトップへ戻る

「タヒボNFD」の種類

「タヒボNFD」ティーバッグタイプの場合(標準の濃さ・1日分)

タヒボ「ティーパックタイプ」
ティーバッグタイプ
標準小売価格:20,000円
(税抜)
ティーバッグリニューアル変更点

容量 150g(5g×30包)
特徴 タヒボの内部樹皮を刻んだものが5gずつが袋に入っています。茶かすの後始末が簡単。リニューアルで内部樹皮が粉末から刻んだものに変更になり、ティーバッグがメッシュ加工のものになりました。メッシュのティーバッグは煮出し時に沈むため、成分がよく出るようになり、味もまろやかになりました。
  1. ポットに水1リットルを注ぎます。 タヒボセラミックポットのくびれの部分(点線表示)まで注ぐと約1リットルです。正確に水1リットルを注ぎたい場合は、市販の計量カップをお使いください。
  2. ティーバッグ1包を水の中に入れます。
  3. ポットを火にかけます。沸騰したら弱火にして40分煎じてください。ポットを火にかけるときはふたを外してください。
  4. ティーバッグは、ポットに浸したままでもかまいません。

※お好みで「タヒボNFD」の濃度を調整いただけます。詳しくはお問合せ下さい。

※火が強すぎるとティーバッグが浮いてしまい、よく成分が抽出されません。ティーバッグが沈んだ状態で煎じてください。

[写真]作り方1 [写真]作り方3 [写真]作り方4

ページトップへ戻る

「タヒボNFD」エッセンスの場合(標準の濃さ・1日分)

タヒボ「エッセンス」
顆粒タイプ
標準小売価格:25,000円
(税抜)

容量 60g(2g×30包)顆粒タイプ
特徴 「タヒボNFD」からエキスを抽出し、スプレードライ(噴霧乾燥)処理を施すことによって成分や風味を損なうことのないエキス末タイプになっています。煎じる手間がいらない簡易タイプで、ガス火で煎じることが出来ない方に最適です。
ティーバッグのリニューアルに合わせてこちらも一新!製造プロセスを改良することで味がまろやかになり、よりタヒボの風味を味わえるようになりました。原料からの抽出率もアップしており、パフォーマンスも向上しています。
  1. コップ1杯(150cc)のお湯にエッセンス1包を溶かしてお飲み下さい。
    900ccのお湯に溶かしていただくと、従来のお茶と同様にお飲みいただけます。
  • お湯に溶かして飲むようにしてください。
  • 直射日光を避け、なるべく湿気の少ないところに保管してください。
  • 品質保持のため、他の容器に入れ替えないでください。
  • 開封したものは、1日で使い切ってください。
  • 賞味期限を過ぎた製品はご使用にならないでください。
  • もし体質に合わない場合は、飲用を一時中断しご相談ください。

ページトップへ戻る

「タヒボNFD」粉末タイプの場合(標準の濃さ・1日分)

タヒボ「粉末タイプ」
標準小売価格:20,000円
(税抜)
[写真]スプーン

容量 150g(専用計量スプーン付・大5g/小1g下記写真です)
特徴 「タヒボNFD」の粉末タイプ。
お好きな濃度に、調整が簡単。密封包装(チャック式)ですので、長期間の保存が可能です。
耐熱ポットで煎じていただく粉末タイプです。容量を量るスプーン入りです。
  1. ポットに水1リットルを注ぎます。 タヒボセラミックポットのくびれの部分(点線表示)まで注ぐと約1リットルです。正確に水1リットルを注ぎたい場合は、市販の計量カップをお使いください。
  2. 「タヒボNFD」を専用スプーン5g側で、すりきり1杯、ポットの水の中に入れます。
  3. ポットを火にかけます。沸騰したら弱火にして一時間煎じてください。ポットを火にかけるときはふたを外してください。
  4. 火を止めて「タヒボNFD」の粉末が底に沈んだら、お飲みください。粉末が混ざっても安心してお召し上がりいただけます。

※お好みで「タヒボNFD」の濃度を調整したい方は、専用スプーン1g側(すりきり1杯・1g)で適量に調整してください。

※ガラス製・陶製、またはホーロー製のポットをご使用になることをお勧めします。特に鉄製のものはお避け下さい。

[写真]作り方1 [写真]作り方2 [写真]作り方3 [写真]作り方4

ページトップへ戻る

「タヒボNFD」ナフディンの場合(標準・1日分)

「タヒボNFD」ナフディン
標準小売価格:25,000円
(税抜)
携帯用錠剤ケース

容量 54.6g(455mg×120球)カプセルタイプ
特徴 「ナフディン」は、抽出した「タヒボNFD」のエキスに、小麦胚芽油と天然ビタミンEを配合した商品です。食物繊維を添加したゼラチンカプセルに包むことによって飲みやすくした携帯性に優れた軟カプセル商品です。
  1. 1日4球を目安に、そのまま水などと一緒に噛まずにお召し上がりください。
  • 「ナフディン」は4球で、「タヒボNFD」粉末タイプ5g(ティーバッグ1包)相当のエキスが含まれております。
  • お茶タイプと違って、一日の水分量を制限されている方にご使用いただけます。
  • 旅行等でお茶を煮出すことのできない時など、携帯性に優れた商品です。

※BSE(狂牛病)に配慮してブタ由来のゼラチンカプセルを使用しております。
※初めて「ナフディン」をお買上の方に、外出時の持ち運びに便利な「携帯ケース」をプレゼント中!(携帯ケースが新しい物に変更になりました)

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

「TAHEEBO NFD(タヒボNFD)」、「TAHEEBO NAFDIN(タヒボナフディン)」はタヒボジャパン(株) の登録商標です。
(商標登録番号 第4662900号 第4732703号)

商品合計7,000円以上お買い上げの方、全国配送料・コレクト手数料・お振込み手数料(一部除く)が無料!その他の特典

タヒボトピックス
【健康お料理特集!】タヒボを使った簡単料理
【お客様の声】ご愛飲・ご愛用者様の声
【ブログ執筆中!】健康についてなどを公開
おすすめ書籍

各種お支払い方法

商品注文時クレジットカード決済(クロネコwebコレクトによるネット決済)や商品代引がお選び頂けます!
各種クレジットカードがご利用いただけます。

お客様情報の保護

弊社はお客様の個人情報を厳重に管理しております。記入された情報は、SSLにより暗号化・保護され送信されますので、お客様の情報が送信中に漏れること はございません。今後個人情報は、商品やタヒボに関する各種サービスのご提供・ご案内など弊社の事業活動に利用させて頂く場合がございます。また、タヒボ に関する無償の情報を提供させていただく際に利用させていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。なお、お客様から寄せられた個人情報の 取扱いについて、苦情の申し立てがあったり、個人データの開示・訂正・利用停止を求められた場合は、本人確認の手続きを経た後、誠実に対処いたします。

タヒボ販売代理店募集中

販売代理店・特約店 募集中
詳しくは、下記フリーダイヤルまでお問合せ下さい!
フリーダイヤル:0120-455-576

携帯サイトOPEN!

QRコードをご利用下さい。
http://taheebo.shop-pro.jp/
※ログイン情報はPCサイトと同じです。

QRコード(携帯電話で読み取りください)